2008年09月30日

出張からの帰り道(4)

(3)からの続き。

新幹線ホームへのダッシュ。
…無事間に合った。新幹線はまだ到着してない。
これで、写真が撮れる。

今回乗るのは、10時5分発の「こだま674号」。

これに乗りたかったのは訳があって、この「こだま」は11月いっぱいで運用を終える『0系新幹線』なのでしたわーい(嬉しい顔)

新幹線がホームに入ってきた。
停車してから急いで写真を撮る。

夏に買った「きみまろズーム」で。

0系新幹線1.jpg
おぉ、懐かしい感じるんるん

緑色とかに塗られていた車体も開通当初の青に塗りかえられてる。
窓は初期のヤツとは違うんだね。初期のは長い窓だったもんね。

早速乗車。

満を持して、指定席を前日に購入しておいた。指定は6両中1両しかないし。

…が、余裕で座れるじゃん。っていうか、指定、俺だけ???
まだ、ラストランまで2ヶ月あるもんね…。

0系新幹線3.jpg
車内はこんな感じ。
ね、誰もいないでしょ?

昔は3人掛け+2人掛けのつくりだったので、今の2人+2人の席だと通路の扉の位置がちょっと変。

0系新幹線2.jpg
号車の表示もなんか昔っぽい。今のがどうだったか忘れちゃったけど。

とりあえず写メをMLやメールで友達に送ってみる。
かなり食いつきがいい。メールの返信がビシバシ入ってくる。

ちょっと車内を散策、かつタバコがすいたくなったので、6号車の喫煙車両に移動。

この車両には3人くらい乗ってる。

乗ってる人は、まいるども含めてみんなカメラ持参だ。

そういえば、昔の新幹線って水を飲む時には紙コップで飲んでたんだよね。丸いヤツじゃなくって、ぺたんと折りたたまれたヤツ。あれ、いつから無くなっちゃったんだろう。

車内アナウンスの前に流れるチャイムも、昔のヤツだ。最近の「ビーアンビシャス」とか「いい日旅立ち」じゃないよ。
懐かしい。これを何とか録音したかったのだが、あいにくボイスレコーダーを持ってきてない。「きみまろズーム」でムービー撮ろうかと思ったけど、ほとんど電池残ってなかった。

仕方ない、記録には残せなかったが、記憶に残しとくか。頼りないまいるどの脳みそメモリに。

そうそう、灰皿も昔っぽい。

0系新幹線4.jpg
おデブな足を何とか写さないように努力したが無理だった。

そうこうしているうちに、あっという間に新大阪に到着。
外装をもうちょっと撮りたかったが、「きみまろズーム」は体力使い果たして既に就寝中。

外装くらいは、乗らなくても今度新大阪に撮りにこれるかな?

あ、弁当食うの忘れた。

せっかくの栗おこわ。仕方が無いので、家で食べた。12時過ぎてたけど。これが、凄く美味かった。写真撮り忘れたけど。

…もしもし?…今日、晩飯2回目じゃない?




posted by まいるど at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

出張からの帰り道(3)

倉敷にてチボリ公園の写真を1枚とって、目指すは今回の目的地、倉敷美観地区

この美観地区には過去に1度、母と旅行できた事がある。何年くらい前になるだろう?5年はたってるなぁ。
母と二人で旅行なんて、そのとき1度だけだなぁ。その時は、博多と津山とこの倉敷を巡った。

前に来た時は、昼だったから、夜に見に来るのは初めて。

明かりで照らされた白壁は、何とも綺麗。

まずこの地区に入ってすぐのところに、白鳥を発見。写真に収めようとしてみた。が、フラッシュで脅かすわけにもいかず、フラッシュなしでは埒もあかず、数分の格闘の上あきらめる。

で、最初に見えてくる建物は「大原美術館」。中は前回来た時に入ったが、今回は当然閉まってる。

美観地区1.jpg
大原美術館。神殿みたいな建物。

ここからだんだんと奥に入っていくのだが、綺麗な白壁の建物が並ぶ。

美観地区3.jpg

美観地区4.jpg

更に進んでいくと、星野仙一記念館なるものが。もちろん夜だから開いていないのだけれど。前に来たときからあったのかなぁ?っていうか前に来た時は既に阪神の監督になってたのかなぁ?

美観地区5.jpg

そういえば、星野さんって北京五輪以降どうしてるのだろう?行く前はあんなにテレビとかに出てたのに。
負けたら干される。まぁ、勝負の世界は厳しいのだろうから仕方ないのかも知れないけど。。。
でも、そもそも、星野さんって短期決戦にはあまり向かないような気もするのだが。阪神の時もねぇ、日本シリーズとか…。
まぁいいか。

またもや脱線。1日1回は脱線するなぁ、このブログ。

で、その記念館からもう少し進んだところに、「TAKU」という名のお店が。
手作りカレー」の文字が見える。広島お好み焼きとも書かれている。時間も時間だし、歩いたし、おなかすいてきたね。
で、お店に入る。着席するまでは気分は「手作りカレー」。が時間と共に「広島風お好み焼き」が脳みそを占拠してくる。

で、結局、流された。

広島風お好み焼き.jpg
広島風お好み焼き。

キャベツたっぷりだ。メニューの名前は忘れてしまったが(たぶんデラックスとかその手の名前だったと思うのだが)、生イカ、ホタテ、エビ、豚肉、タコ、チーズ、ねぎ、が入ってるもので、更に広島風だから麺も入ってて、ボリュームたっぷり。
凄く美味しかった。ソースがまたいい感じ。

結構味わいながらゆっくりと食べてたら、時間は既に9時過ぎ。
やばい、そろそろ岡山に戻らねば。

電車は確か乗ってる時間は20分くらい。今から倉敷の駅に戻れば、充分間に合うだろう。
倉敷駅に着いたのが9時20分過ぎ。で、切符を買って時刻表を見る。

えっ???

次の電車は9時43分
ちょっとまずくない?

新幹線は10時5分。ギリ。
しまった、電車に乗る時間は20分くらいだが、待ち時間がそんなに長いとは思ってなかった。

でも、この電車より早いのはないし。とりあえず乗る。
ケータイで調べてみると、到着は10時ちょうどだ
うむー、大丈夫か?

で、岡山に到着。とりあえずダッシュで階段を上がる。合わせて息もあがる。新幹線改札を入る。また階段だ。今日はたくさん歩いてるし、足はプルプルしだす。

今日も途中で脱線したから、最後まで書けない。後は帰るだけなんだけどね。

予定の新幹線に乗れたかも含めて、続きはまた明日。(4)で。




posted by まいるど at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

出張からの帰り道(2)

(1)からの続き。。。
JR津山線で岡山に到着したのは午後7時。
でも前日に買っておいた新大阪までの新幹線の切符は10時過ぎ。

で、これからは予定通り倉敷へ向かう。

倉敷までは普通電車で20分前後。が、ここで、特急『やくも』を見かける。

やくも1.jpg
この電車は「やくも」の中でも、去年からのリニューアル工事をすませた「ゆったりやくも」だ。

やくも2.jpg
これが、「ゆったりやくも」のマーク。
ちなみに、このキャラには名まえが付いてて、左が「ももちゃん」、右が「やっくん」だそうな。

「やくも」の名前の由来は、昔の国名「出雲」にかかる枕詞「八雲立つ(やくもたつ)」にちなんでいる。
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の名前もここから来てたはず。違ったかな?

既に乗る気満々になりつつあったが、駅弁の事が頭をよぎり乗車を断念。
駅弁を買いに走る。帰りの新幹線に乗るときに駅弁買えなかったら困るので。

…が、結果はモブログで書いたとおり、希望の駅弁は売り切れ。
今回は、『栗おこわ』を買った。

さて、まいるどの望んだ駅弁は何だったのか?
25日に書いたブログによると○○○○○と5文字のもの。

岡山の名物の一つ、『まつりずし』。
が、岡山駅で売ってる「まつりずし」は3種類あり、「まつりずし」だけだと半分正解の50点。

桃太郎の祭ずし
特上祭ずし
贈答用祭ずし

この中で、5文字といえば、そう、『特上祭ずし(1250円)』が正解でしたぁ。

桃太郎の祭ずしは以前に食したことがあり、これも美味しかった。で、今回は1グレード上げて『特上祭ずし』をと考えていたのだが、残念ながら売り切れ。
かなり本気で食べたくて、贈答用祭ずし(2800円)でもあれば、買ってしまいそうな勢いだったが、これもなし。
2800円って、これって駅弁なん?

で、次の候補であった『栗おこわ』になったという次第。
こう書くと「仕方なく」みたいだが、全然そんな事はない。まいるどは、おこわ類が大好き。
おこわ」とか「ちまき」とか大歓迎。

が、今回はたまたま食べたかったのが『特上祭ずし』だったというだけ。

でも、今回、贈答用祭ずしをもし見つける事ができてたら、まいるどはホントに買って食べたのだろうか?
贈答用はかなり大きいらしく3人前だそう。割り箸とかも3膳入っているらしい。
食べきれるかな…とか思ったりもするが、結構普通に食べきっちゃうかも。

弁当も無事買えた事だし、次の目的地、倉敷へ。
やくも」には乗れなかったので、普通電車で。

倉敷に着くと、改札を出て右手に行くと倉敷チボリ公園が。

ここは夜間はライトアップを行なっている。

チボリ公園1.jpg
こんな感じ。

この倉敷チボリ公園、今年の12月31日を持って閉園されるそうな。その前に是非来てみたかったんだけど、今日は外からライトアップの写真だけ。

で、今回行くのは…。

(2)では最後までかけそうも無いので(3)に続く。

乗れなかった「やくも」と、買えなかった「特上祭ずし」の事を多く書きすぎた(笑)








posted by まいるど at 01:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

出張からの帰り道(1)

モブログで途中からちょっと書いたみたいに、昨日は岡山の出張。
疲れと興奮と満腹で、帰宅後すぐに寝てしまった。

この日の仕事は、津山の近くの『勝間田』というところ。
仕事はしっかりと終え、いつもなら高速バスで大阪まで帰るところだが、昨日は帰り道にやりたい事があったので、津山〜岡山を通って大阪に帰る。

で、姫新線の『勝間田駅』から、まずは津山に向かう。

勝間田駅6.jpg
駅舎はこんな感じ。

勝間田駅1.jpg
ホームの端から全体を写す。

勝間田駅2.jpg
ホームと隣接地の境目はこんなん。
単なる土手?それも柵とかの仕切りなし。。。

勝間田駅4.jpg
その土手には「ヒガンバナ(彼岸花)」が咲いてた。
このあたり、彼岸花が結構多く咲いてた。

勝間田駅5.jpg
この駅から姫路方向をみると線路がずっとまっすぐ。

で、列車が来た。

キハ120.jpg
これは反対方向の列車のなんだけどね。
キハ120系。
まいるどが乗ったのもこれと一緒。

この列車、トイレがついてるんだけど車内全体に公衆トイレの臭いが広がっていた。この車両だけだろうか?そうであってほしい。

で、20分くらいで津山に到着。

津山の一つ手前に「東津山」という駅があるが、ここには過去におじいちゃんのお墓があったので訪れた事がある。
B'zの稲葉さんの生家もここにあるらしい。

津山ではちょっとだけ周辺を散策。できれば津山城跡を見たかったのだが、そこまでは時間も無く。
通りを歩いていると、カッパの彫刻が多くある。

カッパ1.jpg
こんな感じ。
他にも何体かある。

カッパの里なのかと思ってきょろきょろしてると看板発見。

ごんご.jpg
この説明書きの中には、
「…吉井川の津山市中で湾曲する覗き渕(現在作陽高校下)にはごんご(河童)が棲み…」とある。

どうやら、河童の伝説があって、その河童は『ごんご』と言われているらしい。そういえばこの通り、「ごんご通り」と書いてあった。

河童を見ただけで、ほぼ時間となってしまった。。。

で、駅に帰って、岡山行きの列車に乗る前に、おなかがすいたので、駅のコンビニでおにぎり一個とお茶を買う。その時に『DE50』という形式のディーゼル機関車チョロQがあったので一緒に買った。

そうだ、DE50を買って思い出した。ここにはしっかり見ておかなきゃならない鉄道建造物があった。

転車台』と『扇形機関庫』。
前に冊子で見た事あったのにすっかり忘れてた。

扇形機関庫は、ネットによると全国で3番目にでかいとのこと。
次来た時は絶対見よう。

ちょっと落胆を隠しつつ、次なる目的地へ。

快速ことぶき.jpg
快速列車で、岡山へ。
何故この写真だけでかいのか?
単なる誤り?…いやいや、好きだからです。

これは、キハ47。この頃のディーゼル列車ってカッコいいなぁ。さっき乗ったヤツとかは、ちっともカッコいいとは思わないが。輪をかけて「公衆トイレ臭かった」し(笑)

キハ40とかキハ47とかキハ58とかが、まいるどは好きです。
誰に言ってるのか分からないけど。

それはそうと、この車両、いかにもJR西日本らしく、カフェオレのようなココアのような色してる。
何でJR西日本は、こういう色の車両が多いんだろう。何か意味があるのかな?

この列車で1時間ちょっとで岡山に着く。
車内は座席はほぼ埋まってたので、2両目の一番後ろのあたりに立ってた。一番後ろを見ると、1個だけ空いてる席を発見。

↓ここの席
快速ことぶき2.jpg
って、車掌さんのじゃん(笑)
この列車はワンマンカーなので車掌さんは乗っていない。
この車掌スペースとでもいうべき場所、普通に入れるようになってたので、ちょっとの間だけ勝手に座らせてもらった。

車内では懐かしいマークを発見。

JNRマーク.jpg
扇風機の中心に国鉄時代の「JNR」マーク。
久しぶりに見たなぁ。

そうこうしてるうちに岡山到着。ちょうど7時。
帰りの新幹線は、訳あって10時過ぎ。

その訳とか、駅弁とかは(その2)にて。


















posted by まいるど at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

モブログ@岡山(その2)

倉敷でのんびりしすぎた。

指定を取ってる新幹線に乗れないかも…。

posted by まいるど at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モブログ@岡山

仕事を終え、岡山駅まで来た。
津山から快速で1時間ちょっと。
今からちょっと倉敷へ。でも、弁当なくなったら嫌だから先に買っておこうと思って買いに行ってみると、希望の品がない…既に売切れだ。
仕方がないので他のモノ買っとく。これはこれで美味しそうだ。食べての感想は帰ってから。

posted by まいるど at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

駅弁−新横浜

今日は関東へ出張。

夕方、神奈川で終了。JRで新横浜まで行って新幹線新幹線で帰るのだけれど、時間も時間、腹減った。ってことで、弁当を買って乗り込むことに。

途中で『鯛めし』買って行くのも考えたけど、今日は何か崎陽軒な気分。
鯛めしは昔書いたヤツ(→これ)
まいるどはこの「鯛めし」がかなり好きるんるん

崎陽軒といえば『シウマイ』。一般的には「シュウマイ」とか「シューマイ」とかだけど、崎陽軒といえば、『シウマイ』。

ちなみに長崎の方で売っている「シュウマイ」の弁当は『シャオマイ』と言う。漢字で書くと『焼麦』だそう。これは、中央軒というところで作られている。
駅弁の世界では、「西の崎陽軒』、東の中央軒』」としてかなり有名らしい。

長崎のヤツはまだ食べた事ない。『シャオマイ』はマンガで知った。
マンガはやっぱりためになるねぇ。
とは言っても、麻生さんはマンガで政局運営を勉強するような事はしてないよねぇ…さすがに。

だいぶ脱線ふらふら

で、今日買ったのは崎陽軒のシウマイ
弁当になったもの(他のおかずやご飯が入ったもの)と『昔ながらのシウマイ』と『特製シウマイ』とあったが、今日買ったのは「特製シウマイ」。
「昔ながらのシウマイ」と「特製シウマイ」の違いはまず大きさ。
1個あたりの大きさは約1.5倍。干帆立貝柱がより多く入っているらしい。6個入りで680円
ちょっと贅沢るんるん

シウマイ1.jpg
これが、特製シウマイ。

が、これだけでは足りない。ご飯は絶対必要。

と言う事で、弁当屋さんを見ていると、なにやら目を引くパッケージが。

ちょっと長いが、
『ワールドグルメフェスティバル 第1回ハイカラ弁当コンテスト グランプリ受賞 横浜新名物 牛めし

牛めし1.jpg

どんなコンテストかは良く分からないけどとりあえずグランプリを受賞してるらしい。
これは買いでしょ。

980円なり。牛めしに980円は少々高い気がするが、いまさら引けない。
これに150円のお茶を買って、今宵の夕食は、
680+980+150=1810円exclamation×2

やっちまったぁ。贅沢しすぎだあせあせ(飛び散る汗)

まぁいいか(笑)

弁当も買い終えて早々に新幹線ホームに。
待つ事約10分。この間、弁当見ながら半笑いだったんだろうなぁ、きっと。。。あせあせ(飛び散る汗)

着席して、早速弁当。
まずは『シウマイ』から。

シウマイ2.jpg
表装を一枚めくる。

何か立派な感じ。さすがは特製。
で、ふたを開ける。

ふたを開けた図を写真に収める予定だったが、ここでアクシデントふらふら
食い気が猛烈に先行ダッシュ(走り出すさま) 醤油を皿に入れて、カラシを各シウマイに乗せてしまった。カラシを一通りつけ終えた時点で写真のことを思い出す。
仕方が無いので、これを写真にバッド(下向き矢印)

シウマイ3.jpg
カラシまで載せちゃった図がく〜(落胆した顔)

で、食す。んまいexclamation×2

冷めてもこれだけ美味いってのはホントに素晴らしいと思う。やはり駅弁は世界に誇れる日本の一大文化だね。

あっちゅう間に6個無くなる。
続いて、「グランプリ」の牛めし

牛めし2.jpg

これまた美味そう。既にシウマイ食ってるので、今回は食い気をコントロールできて写真を撮れた。右に見える卵はゆで卵ではなく…

牛めし3.jpg
半熟卵。

混ぜながら食べる。隣の人の目線を気にしながら。どうやら、隣人は弁当買いそびれたみたいだ。かわいそうに。。。

でも、気にすることなく完食。

これまた美味い。

やっぱり駅弁は最高だね黒ハート

明日も出張。明日の弁当は○○○○○

















posted by まいるど at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

カップヌードル シーフードカレー

カップヌードルから新製品が出てた。

その名も「カップヌードル シーフードカレー」。

ありそうでなかったこのシーフードカレー、調べてみると、「カップヌードルカレー」発売35周年を記念しての新製品とのこと。

カップヌードル自体の発売開始は、1971年。ってことは、まいるどより1歳年下の37歳。アラフォー世代だ。
その2年後にカレーが発売になった。

今回の「シーフードカレー」、日清食品のニュースリリースを読むと面白い事が書いてある。

「…35周年を記念し、"カップヌードルカレー×シーフードヌードル"という「カップヌードル」ブランドならではのコラボレーションを実現した商品です。…」
って、カップヌードルカレーとシーフードヌードルの掛けあわせは、そりゃあ他社では出来ないでしょう。やったらパクリっちゅうか犯罪だし。

それはそうと、まいるどの好きな「カップヌードルカレー」と「シーフードヌードル」のコラボ、美味しくないわけがない。
まいるどはこの二つの味が『カップヌードルの黄金の2トップるんるん』だと勝手に思ってたりする。どっちを買うかしょっちゅう悩むし。
いわばカップヌードル界の翼くん岬くんって感じ。

もちろんノーマルも美味しいんだけどね。
ノーマルは若林くん?(笑)

で、噂の「シーフードカレー」のお味の方は・・・

普通に美味しい。

この普通に美味しいってのが「カップヌードルブランド」の素晴らしい所なのかも。どの味を食べても、あんまりハズレってないし。

が、ちょっとだけ「シーフードカレー」はパンチ弱いかも…?

そうそう、先ほどのニュースリリースよりもう一つ。

本商品の発売により、「カップヌードル」ブランド全体の活性化を図ります。」だそう。
…そんなたいそうな。

ちなみに、「シーフードカレーヌードル」という呼び方は誤りで正しくは「カップヌードル シーフードカレー」。カレーも「カレーヌードル」ではなく「カップヌードルカレー」。
でもなぜか、シーフードは「シーフードヌードル」。

やっぱりまいるどは、カレーシーフードが好きだな。
posted by まいるど at 00:04| Comment(7) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

『うれしいプリン480』

ファミリーマートでプリンを買う。
うれしいプリン480』という名のプリン。

普通にプリンを買ったのなら、わざわざブログに書いたりしないが、このプリンちょっとデカイ。

プリン 横から
横から見たらこんな感じ。

プリン 斜めから
斜め上から見たらこんな感じ。

写真の通りカラメルソースは入ってないが、全体的にちょっと甘めに味ついてる。

この480って言う数字はそのままg(グラム)を指す。

480gがく〜(落胆した顔)

森永の牛乳プリンは180gって書いてある。ってことは、軽く倍以上だ。

食後のデザートとしてはちょっと多い。が、全部食べたふらふら






posted by まいるど at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

乗り放題きっぷ

10月14日の「鉄道の日」を記念して『鉄道の日記念 西日本一日乗り放題きっぷ』というのが発売される。

JR西日本エリア内の普通電車に一日乗り放題で3000円。
言ってみれば「青春18きっぷ」の西日本版かつ一日版。

そう考えると3000円は高いかもしれないけど、この時期「青春18きっぷ」は売ってないしね。

発売期間は10月3日から10月19日まで。利用期間は10月4日から10月19日までのなかの一日。

これでどこかに行こうと考えてみる。
とりあえず候補は、『餘部鉄橋』もしくは『厳島神社』。

…たぶん、どっちに行くとしても、滞在時間の2〜3倍の移動時間となるのだろうなぁ。

…まぁ、駅弁いっぱい食えるし、それはそれでいいかわーい(嬉しい顔)

どっちに行くかは、切符買ってから考えよう。まだ、来月の事だし。
2日かけて両方行くって手もあるし。

ところで、この切符の発売箇所、JR西日本の主な駅のみどりの窓口とあるが、わが立花駅は『主な駅』なのだろうか??



posted by まいるど at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

模様替え

ブログのデザインを変えてみる。

和柄

最近、和を取り込みたいと思う事があって。
和服でもなく、日本歌曲でもなく。「まいるど」が和といえばもちろん和食るんるん

…と、言う訳で記事のタイトルは「模様替え」ながら、この記事のカテゴリは「雑記」ではなく「食べ物」わーい(嬉しい顔)

和食と言っても、「会席料理」とか「値段の書いてない寿司」とかではなく、「お米」好きのまいるどにとって欠かしたくない「納豆」「梅干し」「漬物」とか。あと、簡単お雑煮のときに使う「かつおぶし」。

この辺に興味津々で、暇を見つけてはPCでもケータイでもネットでいろんなものを読む。これら発酵食品のことを本屋で立ち読みしてたときに例の「ふなずし」を食べたいと思った訳。

その中で特に一番気になってるのは『糠漬け』。是非とも我が家でやってみたい。

でも、根気も必要、マメさも必要。更には泊まりの出張もあり、酔っぱらって帰ってくる日もある。そんな中で糠床を毎日かき混ぜるとかって、やっぱり難しいかなぁ。。。

まぁ、「糠床」という名のペットを飼ったと思えばできるのかな?









posted by まいるど at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

発表会

11月末に行われる声楽の発表会
歌のレッスンをしていただいている師匠の門下の発表会。

過去3回出させて頂いていたが、今回(11月の)はお休みさせてもらおうと、前回の4月の発表会の打ち上げのときから周りにお伝えしていた。
が、8月中旬に師匠の出演された演奏会を聴きに行って、やっぱり出たいと思ってしまった。

その後すぐに師匠へメールし、出させてもらう事に。

で、このブログでリンクもさせて貰っている「さくらさん」のブログで、早々とまいるども出る事を宣言したものの、自分ちでまったく書いてなかった。。。

前回・前々回とデュエットの曲を歌ったのだが、今回はピンの曲。

前々回にデュエットをした時には、他にそんな事をする人達はいなかったが、前回は何組かがデュエットをされていた。ちょっとまいるど達が先駆者みたいでうれしい。が、レッスンをつける師匠からしたら異端児的で大変だったとは思いますが…。歌以上に振り付けが全然できないし。
(その節は大変お手数をおかけしてしまいました、すみません。)

前回の歌は最後の最後まで苦手意識いっぱい(何でだろう?前々回の曲は、振り付けはダメダメだったがそれでも歌はすごく楽しかったのに…)だったが、今回はその部分はまったくなし。
が、やっぱり歌っちゅうモンは、ものすごく難しい。

あと2ヶ月ちょっとしかないけど、頑張ろう。






posted by まいるど at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 合唱 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

におわなっとう

ミツカンの『におわなっとう』。
ここ最近、新しいものに生まれ変わった。

あらっ便利!」というシリーズに。

画像 016.jpg
パッケージはこんなん。

何が変わったかといえば「たれ」と「からし」の小袋がなくなって、パックが間仕切られて、そこにとろみのついた「たれ」が入ってる。

画像 017.jpg

小袋開けたりしなくていいから手が汚れない。なかなか考えましたねぇ。
けど、写真の通り、納豆の入ってるスペースが狭く変形しているからちょっと混ぜにくくなったかも。器に移して混ぜれば済む話なんだけどね。

美味しいから、まぁいいか。

でもまいるど的には『におわなっとう』も好きなんだけど、同じミツカンの「あらっ便利!」のシリーズの『とろっ豆』の方がすき。
納豆の柔らかさがなんとも言えないひらめき

というわけで、タイトルは「におわなっとう」なんだが、実は好きなのは『とろっ豆』なのでしたダッシュ(走り出すさま)

が、何故、タイトルが「におわなっとう」なのか?

今日書きたかったのは、「たれが便利になりました」ってことではなく、「におわなっとう」の外装フィルムのバーコード

画像 018.jpg
(写真が見にくいときは画像をクリックするとちょっと大きい写真が出ます。)

「たれ」や「パックの形状」が変わる前から採用されてたが、新しいパッケージでも継続して使われてる。

これは、素晴らしいexclamation×2






posted by まいるど at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

ふなずし(鮒鮓/鮒寿司)

『怖いもの見たさ』もあるかもしれないけど、『ふなずし』が食べてみたくなったひらめき
何故かは分からないけど結構急に。

ふなずしのイメージといえば圧倒的に『臭いexclamation×2』。でも食べてみないことには分からないし。
以前に(10年以上前に)何かの機会ににおいだけ嗅いだことがあったがその時には食べる気にはとてもなれなかったバッド(下向き矢印)

なのに、何故今回急に食べたくなったんだろう??

で、せっかく食べるなら、美味しいやつがいいと思って、ネットで調べてみると、いくつかのお店の名前が挙がってくる。調べるうちに『ふなずし』についてちょっと興味出てきた。

ふなずしは『鮒鮓』とも『鮒寿司』とも書く。
そもそも、『すし』って言う字は「鮓」「鮨」「寿司」とかあるが、
まいるど的な使い分けは、…
」は発酵させて作る「すし」の事で、「なれずし(熟鮓)」とかで使う。
」は「にぎり鮨」とか「押し鮨」とか。
寿司」はどれにでも使える。縁起的な時とかにはこれかな。
…といった使い分け。

正解をご存知の方は、教えてください。

で、その「ふなずし」、ニゴロブナという鮒を使う「熟鮓」。
作るのには相当の時間がかかってるらしいとか、琵琶湖の鮒の漁獲高が減ってきているとか、いろいろ大変なんだという事がちょっとだけ分かった。
ネットで検索している中で、宮本輝の「にぎやかな天地」という本に鮒鮓のことが書かれていると知り、これも上下巻一気に読んだ。
(ここに書かれている「かつおぶし」とか「糠漬」もすごい気になる。削り器ほしいなぁとか家で糠漬作ろうかなぁとか、また安易に考えてしまう今日この頃)

ちなみにこの本に出てくる、滋賀の「喜多品」というお店、実在してた。まいるど食べてみたいランキングのかなり有力候補の一つに。

ほかにもいくつかのお店がネット上に出ており、他の人のブログとかも読んでみると美味しそうなお店がある。

初「鮒鮓」は何としてでも美味しいと言われるところのものを食べたいなぁ。一番美味しいやつを食べてそれでも口に合わなければ、「まいるどは鮒鮓は苦手だったんだぁ」とあきらめがつくし。

「同僚」や「会社の人で金持ちでいいもの食ってそうな人」とか「滋賀県民」とかにも『いい店』を聞いてみたが、やっぱり知らなかった。って言うか、滋賀県民が食べた事ないって言ってたのはちょっと驚き。

鮒鮓は高級料理もしくは日本酒のアテといったイメージだったので、そのようなイメージの人を中心に聞いてみてるのだが…。聞く人のジャンルを間違えたのかな?

このブログが「鮒鮓」ブログになっても鮒鮓の情報交換場になっても一向に構いませんので(笑)、どなたか美味しい(といわれる)お店を教えてください。

(上述とはまったく関係ありませんが、関西で美味しいピザの店もご存知でしたら教えてください。ピザに「はまってる」のも相変わらずです。)

ところで、鮒鮓は買って帰って家で食べるのと、お店で食べるの、どちらがいいもんなんでしょう。お取り寄せとか便利そうだけど、においの問題は大丈夫かなとか不安になるし。滋賀は兵庫からだとちょっと小旅行的距離だし。



posted by まいるど at 11:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

自転車(2)

本格的に自転車欲しくなってきた。

お出かけからの帰り道、本屋で立ち読みし、帰ってからもネットで調べ、どんな自転車がいいのか考えてみた。

自転車は形だか用途だかでいくつかに分類されてる。
1)ロードバイク、ロードレーサー
2)クロスバイク
3)マウンテンバイク
4)BMX
…みたいな感じ。ほかにも折りたたみ自転車とかいくつもある。種類多すぎがく〜(落胆した顔)

自転車に何を期待するかといえば、ダイエットとか脱メタボとかももちろん期待している。が、今のまいるどはもう少し自転車に対して純粋な気持ちになってる。いろんなとこ行ってみたいとか、自然を感じたいとか風になりたいみたいな。

夢はでっかく、「しまなみ街道」を走ってみたいなぁ。輪行っちゅうヤツで尾道まで電車で行って。

で、そんな事を考えながら、立ち読み&ネットの結果、とりあえず、本命『クロスバイク』、対抗『ロードレーサー』という気持ちに。

でも、自転車に関する知識がほとんどないので、正直なところ選び方すら分からないもうやだ〜(悲しい顔)どなたかアドバイスをいただけませんでしょうか?

今日、本とかネットで見てて、早速の疑問が。どの自転車見てても、泥よけが付いてないんだけど、いらないの?雨降ってなくてもちょっと「打ち水」してるだけでも水が跳ねそうなんですがあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、ちょっと時間をかけて勉強することにします。先は長そうだけど。できることなら、9月中もしくは10月始めくらいに買いたいなぁ。





posted by まいるど at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

自転車

自転車が欲しい。

今も自転車は持ってる。知人から譲って頂いたいわゆる「ママチャリ」。この自転車かなり重宝。伊丹とか西宮とか行けちゃうし。すごく汗出るけどたらーっ(汗)

今欲しいのは、結構遠出ができそうなスポーティーなヤツ。ダイエットも兼ねて。(っていうかダイエットが主目的かふらふら

で、ネットで見てみると、あるわあるわ。種類がメチャ多い。

そんな中で、なかなかカッコいいのを見つけた。クリックして詳しく見てみると…。

なんと『体重75kg以下』と書いてあるではないか?exclamation×2
ダイエットも兼ねて自転車乗ろうってのに、その自転車に乗るためにダイエットしなきゃなんて…もうやだ〜(悲しい顔)

76kg以上の人が乗ったらどうなるんだろう?

「パンク」「フレーム曲がる」位だったらまだいいけど、「ブレーキ利かない」「ハンドル曲がらない」とかだったら周りの人が危ないexclamation×2
周囲に危害を加えちゃダメだから乗らない方がいいのかな?

でも、そぉ〜っと乗れば大丈夫かな?

…体重制限のある我が家のベッドも、そぉ〜っと乗ってるので今のところ体重オーバーでも大丈夫だし手(チョキ)
posted by まいるど at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

豊岡への旅(その2)

(前回からの続き)
『北近畿5号』で豊岡に無事到着し、友人と合流。

でも、車中の出来事をもうちょっとだけ…。
この電車は途中から車内販売をしていて、おばちゃんがワゴンで売りに来ていたのだが、そのおばちゃん、一通り車内で売り終えた後、うちらの乗っていた車両の一番後ろの席に座ってくつろいでた。化粧を直したり、ちょっと何かを食べたりしてた。まぁ、電車もそんなに混んでもいなかったし、ちょっとほのぼのな感じ。

で、電車を無事降りて、友人と合流後、車で城崎温泉を目指すことになった。…予定は未定、その場で行き先を決めたような感じ。何せ、あくまでも友人に会うのが主目的だから

城崎温泉までは車で10KMくらい。(たぶん電車でも10KMくらいだと思うが…。)

と、書いたものの、まずは城崎温泉を通り過ぎ、城崎マリンワールド界隈へ。
入場しなかったが高台の展望台から海を見る。
…すると、何とそこには龍宮城が。

画像 001.jpg
驚きexclamation×2

波が穏やかな日には実際に船?で渡れるそうな。今回はちょっと無理だった。時間的なこともあったし。

続いて、城崎温泉に。その道中になんとも不思議なものが。

画像 002.jpg
イカを干す機械exclamation×2
「早く乾かすため」とか「ハエが止まらないように」とかなんだろう。結構回転速いね。
なんか、公園の子供の遊具みたい。なんて名前だったかなぁ、あの公園にあったやつ。もうずいぶん昔のことだか忘れちゃったよもうやだ〜(悲しい顔) 確か、最近この手の遊具は安全性の問題とかで公園から姿を消していってるんだよね。

ここではいっぱい試食をさせてもらった。どれもきっと新鮮だからだろう、メチャ美味

城崎温泉に着く。ここで、まず昼食。…車中ですでに駅弁を食べてる気がするが…。たまには一日に2回お昼ご飯を食べる日があってもいいでしょうがく〜(落胆した顔)

やっぱりここは海鮮
画像 006.jpg
お刺身の定食+岩がき。

画像 008.jpg
岩がきは4つも食べてしまった。

やっぱり美味いなぁ。
おなかも十二分に満たされたことだし、周辺を散策。

まずは、城崎温泉駅。この駅は『城崎温泉』って名前になったのはそんなに昔ではなかったはず。昔は「城崎」だったのかな?駅のそとには、さすがに駅名に『温泉』がつくだけあって、足湯が。ぜひとも足を入れたいところだが、先客がいて入る余地なし。ちょっとだけ様子を見たが動く気配もなく早々にあきらめる。

で、温泉街を見て回る。いかにも温泉街って感じで、なんかいいなぁ。スマートボールとか射的とかもある。スマートボール、過去に1回やったことがあるが、そのときはすごく上手かった。まぐれだけど。またやりたいな。お店は、ちょっと開いてるのか分からないような店もあるね。
次にくるときには絶対に泊まりで来よう。今回は時間の制約があって、外湯にも入れず。あくまでも今回は友人に会うのが目的だからね。でもちょっと残念。夏の疲れを癒したかったデス。。。

バタバタと城崎温泉を後にし、次は、出石へ。やっぱりそばは食べなきゃでしょ。ここからはちょっと距離がある。時間も大分なくなってきた。

無事出石に到着。さて、出石の皿そばを。…が、時間がない。車内から出石の町を見る。街は結構観光用に整備されている感じ。

時間はないが、せめて土産くらいは買いたい。そこで、友人が、お勧めの店へ連れて行ってくれる。なんでも、全店の出石皿そばを食べた人から聞いたお勧めの店らしい。食べることはできなかったが、ここで、お土産のそばを買う。半分はもちろん自分用るんるん

でも、ここで食べたかったなぁ。次は絶対ここで食べるからね。お店のおじちゃんおばちゃん待っててね。どのお店かは、次回ここで食べたときにご紹介。

さて、本格的に時間がなくなってきた。何故こんなに慌ててるかというと、帰りは飛行機で帰るから。『コウノトリ但馬空港』から『伊丹』まで。空港は山の上にあるらしい。ちょっと急いで無事空港に到着。山の上だからか、周りに何にもない。

画像 012.jpg
時間がなかったので外の写真は取れなかったが、飛行機に乗る前に建物の写真をちょっとだけ撮る。

画像 014.jpg
画像 015.jpg
ついでに飛行機も。分かってたことだけど飛行機かなり小さい。36人乗りだそう。大分へ出張に行くときに乗る「ボンバルディア」よりも小さい。この飛行機はSAABが作っているそうだ。自動車も飛行機も作るメーカーなんだねSAABって。昔スバルもそうだったみたいだけど。

飛行機乗ったらあっという間に伊丹空港に到着わずか20分ちょっと。

次回にかなりやることを残しまくった強行軍。次こそは、龍宮城城崎温泉出石皿そば、全部を堪能したいなぁ。







posted by まいるど at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

豊岡への旅(その2)の前に

豊岡への旅(その2)を書こうと思ってたけど…その前に…

今日の仕事からの帰り道、東京からの来阪者と軽く飲んだ後、家に帰ろうとJR大阪から電車に乗る。いつも通りならJR神戸線で立花まで帰るところ、尼崎で乗り換えればいいやぁと思って宝塚線の電車に乗る。で、更にいつも通りなら尼崎で乗り換えるところ、乗り換え忘れた…。気がついたらJR塚口。

参った。今までそんなこと一度もしたことないのに…。酔ってたのかなぁ。ちょっと悔しい。それも寝過ごした訳ではなくずっと起きてたし。

いっそのこと塚口で飲んで帰ろうかなぁとも思ったが、しんどいから素直に折り返す。

ちょっとヘコむ。
posted by まいるど at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

豊岡への旅

日曜日に豊岡へ行ってきた、日帰りで。
この日は歌の練習も入っていたのですが、休んでしまいました。ごめんなさいたらーっ(汗)

JR神戸の近くに住む友達と一緒に行こうとしてたので、行きはJR神戸出発がいいと思って、ディーゼル特急『はまかぜ1号』を予約してたのだが、その日に限って、途中で落石があり、この列車は姫路どまりとなってしまったもうやだ〜(悲しい顔)
乗る前だったからまだ良かったけど。

「はまかぜ」に乗るのかなり楽しみにしてたのに…。

そのため、みどりの窓口で変更の手続き…。尼崎から特急『北近畿』に乗って豊岡に行くことに。

窓口の人、何とな〜く、対応遅いし悪いし…ちっ(怒った顔)
ちょっとテンション下がるバッド(下向き矢印)

尼崎市内に住む「まいるど」からすれば、神戸に行ったことが完全に無駄足になったように見えるが、実は神戸出発にしたのはもうひとつ理由があって、何と、神戸駅で駅弁を予約していたのでした〜exclamation×2

そのお弁当屋さんは、駅構内にある『淡路屋』さん。
同行者さんのお弁当は『神戸ワイン弁当(1600円)
まいるどのは『神戸牛100% 牛肉王子1500円)』。
(ちなみに「神戸ワイン弁当」は限定品で1日50個のみ。だから予約したんだけど。駅弁を予約するなんて初めて…。)

ホントはまいるどもワイン弁当にしようと思ったのだが、いろんな駅弁サイトを見ていると、この神戸ワイン弁当には牛ステーキが入っているのだが、どうやら、この牛肉は神戸ビーフではない様子。

神戸ビーフを食したければ『神戸牛100% 牛肉王子』と書いてあったので神戸ビーフに釣られて「牛肉王子」に。(ワインは一口二口分けてもらえばいいや…みたいな考えもチラついて…^^;)

で、無事弁当ゲットして、新快速で尼崎へ。
尼崎からは「北近畿5号」で豊岡へ。尼崎10時17分発で、豊岡12時42分着。約2時間半。新大阪から東京までの「のぞみ」と同じくらいだね。

車中で弁当を食べる。食べ始めたのは三田を過ぎたあたりから。尼崎から宝塚とか三田までの間は何度か見たことのある光景なので、そこを過ぎるまでは弁当は我慢した。

弁当、やっぱり神戸ビーフだけあって美味しかった。が、思ってたよりちょっと小さかったふらふらでも、着いてから改めて昼ごはんを食べるつもりだったので、少なめでちょうど良かったんだけど。

豊岡で友人と合流。今回の豊岡旅行の主目的は、この人に会うことなのでした。

…続きはまた明日。(か明後日。)




posted by まいるど at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする