2008年11月13日

久々。

書くのすごく久々。
ちょうど1ヶ月ぶりだ。

書くのをサボってた思われがちだが、半分正解で半分不正解。なんか書きたいような書きたくないような。
結構忙しかったのもあるけど、色々あってかなりへこんでたりブルーになったりもして。。。

でも、その間にも、ちょっとずつ食べ物の写真撮ったりしてたので、少しずつ再開。書きたいときは書くし、書きたくないときはサボる。まさに『気の向くままに。

今日書くのは、1ヶ月前に梅田の大丸の地下で「自由軒のカレー」を食べてたときに見つけたもののこと。

自由軒の隣でお店を開いていたのは…、

何と、かの有名な駅弁やさんの「淡路屋」さん。
まいるどの大好きな駅弁やさん。

そこで、見つけたのは、「淡路屋さんのパンフレット」。言わば、駅弁のカタログみたいなん。あまりのうれしさに速攻カレーを食べて淡路屋さんに向かう。

カタログ1.jpg
これ。

カタログ2.jpg
中身はこんなん。これをおかずにご飯食えるかも(笑)

で、おばちゃんにパンフをもらって、駅弁を見ていると、さすがはデパ地下、夕方のセールをやってるではないか。
駅弁を割引で買えるなんて、なんてすばらしいシステム。

どんなんを売ってるのかなぁと見てみると、食べてみたかった『ひっぱりだこ飯』が安くなってる。

これは買わなきゃでしょ。

が、この日のまいるど、体調不良。
普段ならカレーの後でも駅弁食べそうだが、さすがにこの日は無理。

で、翌日。狙ったかのように時間は夕刻。(狙ったんだけど…。)

この日もしっかり安くなってました、あこがれの「ひっぱりだこ飯」。それも最後の一個だ。

しっかりゲットして家に帰る。

ひっぱりだこ飯.jpg
こんなパッケージ。蛸壺を模している。

早速食べる。前日のカレーが効いたのか、食欲も復活。

ひっぱりだこ飯2.jpg
中身はこう。

たこが柔らかくって、味もしっかりついてて、超美味。
明石の蛸、バンザ〜イ!!
蛸といえば、欧米では悪魔呼ばわりされているけど、こんなにおいしいものを食べないなんて。。。

食べ終えたら、この陶器のつぼ再利用できる。何かに使えないかな。

…書いてたら、何かほかのネタもいっぱい書きたくなってきた。バウムクーヘンとか福井の昼飯とか駅弁とか。。。

でも、一気に書いちゃうとその後しばらくサボるからまた今度。






posted by まいるど at 23:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待ってましたよーまいるどさん!

自由軒で見つけたのは 
駅弁屋の「淡路屋」さんだったんですね。
パンフレット。。。わたしも見てみたい。

はて? このひっぱりだこ飯の器は
うちにもあるような。
食べたおぼえもあるような…
なんだか なつかしいぞ。
駅弁なんて 数えるほどしか食べた機会がないけど、
どこ行ったときに食べたんだろう。。。

器は、ちいさい観葉植物の鉢カバーとして
長く使っていましたよ♪

またおいしいもの 少しずつ紹介してね〜!
わたしは このあいだ、
ゼロ系新幹線に乗ってきたよ♪ えっへん。
ブログには 書いてないけどね。。。
Posted by さくら at 2008年11月14日 00:29
さくらさん、ずいぶん長いことお待たせしてしまいました。

駅弁ネタとかを、いくつか写真だけ撮ったやつがありますんでちょっとずつアップしていきますね。

0系乗ったんやぁ。いいなぁ。まいるども今月もう一回乗りたかったんだけどなぁ。
感想是非ブログに乗せてくださいよぉ。。。
Posted by まいるど at 2008年11月14日 23:35
まいるどさんへ

明石のタコ、おいしいでしょ?
明石のタコは、明石海峡の早い潮の流れの中で生活してるから、筋肉質の、いわば「体育会系」のタコなんです。だから、若々しくぷりぷりで、美味いんです。(うらやましい〜)

明石には、ほかにもまいるどさんの食欲に火を着けるものがたくさんありますよ!

卵の中にタコを入れて焼いた「玉子焼」(注)
大阪のソースべたべたのタコ焼きとは違い、だし汁を付けて食べる、まいるどな味です。

(注)明石以外では「明石焼」と言われてますが、地元では「玉子焼」と呼んでおり、これが正しい名前です。大阪のタコ焼きのルーツと言われています。

ほかにも、魚の棚商店街にある、あなごの老舗「林喜商店」謹製「あなご弁当」
11:30から発売して12:00までには完売!

同じく魚の棚商店街にある玉子焼き店「あかし多幸」のメニューにある
明石鯛を贅沢にご飯に乗せていただく「鯛茶漬け」コイツがまた絶品です!

どうぞ、明石へお越しください。私がご案内いたします!
Posted by きゅるきゅる at 2008年12月05日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109634749
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック