2009年02月04日

駅弁−大漁御膳

1月下旬に関東に出張した際に、帰りの新幹線新幹線の車内で買った駅弁。
普段なら東京駅でじっくり選んでから買って乗り込むのが楽しみの一つなのだが、今回は速攻新幹線に乗らねばならなかったので、とりあえず新幹線にのり、車内販売で弁当を買う。

ホントは駅で崎陽軒のシウマイ買いたかったんだけどね。

ところで、もしかして、駅で買ってないからこれは駅弁ではないのか?でもまぁ、おんなじヤツが駅でも売られてた気もするし、駅弁といってもいいか。

大漁御膳1.jpg
今回買ったのは、『大漁御膳』。
ジェイアール東海パッセンジャーズ製。1100円。

大漁御膳2.jpg

炊き込みご飯の上に錦糸卵が敷いてあり、その上に鰤の照り焼き、いかの照り焼き、ホタテ、えび、カニの身をほぐしたヤツ、いくら、しじみ、豆(枝豆?)とかが載ってる。

量自体はそんなに多くはないが種類が多い。何とも贅沢な具の面々。

好きな具を最初に食べたいと思う反面、好きなものを最後まで残しておきたい気もする。まいるどの場合、駅弁の時はどちらかと言うと好きなものは最後まで残す傾向が強い。今回もそう。

さてここで問題です。今回まいるどが最後まで残した具はどれでしょう?(紅しょうがは除く)

チッチッチッチッチッチッ…ブーッ時計

正解は『しじみ』でしたぁ。結構意外でしょ?最近「しじみ汁」がちょっとしたマイブームでして。カニ好きイカ好きまいるどは、普段ならその辺を残したと思うのですが。

どの具も美味い。照り焼き系も濃すぎず薄すぎずのいい感じ。カニやえびも美味い。もちろん炊き込みご飯も美味。最後の一口まで飽きない。
でも、しじみのしぐれ煮はやっぱり美味かった。

ところで、よく店とかで出てくる「しじみ汁」って貝殻がついてるのには意味があるのかなぁ?しぐれ煮みたいに貝殻がついてない方が食べやすいんだけどなぁ。まさか見栄えだけではないとは思いたいが。。。

まぁ、最初は貝が閉じてるんだというのは分かるが、出来れば、火を通して開いた後に、一旦ざるか何かに上げてもらって剥き身にしてから汁にしていただくとありがたいのですが。もちろん、ダシの出たゆで汁はそのまま汁に使うとして。

この、「もやしのひげを1本1本取るような」地道な作業をすると、まいるどはきっと「しじみ汁」がもっと好きになります。お願いします。<誰に?
貝殻がついてると食べる時に途中で『キーッ!!ちっ(怒った顔)』ってなります。っていうか、上品に身を食べる事ができません。もしかして実を食べないのが上品だとか???

そんな「しじみ」ブームのまいるどですが、寿司ネタではあまり貝類を頼みません。食べれない訳でもなく嫌いでもないのですが。なんとなく魚系か甲殻類に手がいっちゃう。あっ、寿司の玉子も好き。関係ないか。

しじみを食べに宍道湖とか青森の十三湖に行きたいなぁ。

シウマイは食えなかったけど美味しかったので大満足わーい(嬉しい顔)


posted by まいるど at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいるどさんへ

そーですか、まいるどさんは、
一番の好物を、最後に食べるタイプなんですね〜
正反対に、好きなものを一番に食べる人もいますよね〜

好物を一番最後に食べる人は、
「地震がきたら、食べたいものを食べられないで後悔しながら死ぬぞ。」
なんて、よく言われてましたが、私もそのタイプなんですよね〜

まいるどさんなら、天災を予知して、その瞬間、
最後に残す予定の好物の順番を繰り上げて
しっかり食べそうですな〜(笑)
Posted by きゅるきゅる at 2009年02月08日 22:22
きゅるきゅるさん、こんにちは。

駅弁は最後に一番好きなモノ食べる事が多いですが、まいるども、他の時には早めに食べることが多いです。一番好きなモノを早めに食べて、二番目くらいに好きなモノを最後に食すかな(笑)

天災がおとずれたらどうしましょうねぇ。。。逃げたり避難したりせずそのまま食べつづけるかな?それともあの世まで持ってくか?

駅弁なら冷めても美味しいし持って行きやすそうでしょ(笑)
Posted by まいるど at 2009年02月14日 23:16
まいるどさんへ

「駅弁をあの世までテイクアウトして食べる」
という発想、さすがです!
凡人には思いつきません(笑)
Posted by きゅるきゅる at 2009年02月14日 23:30
あの世まで駅弁持って行くってのは、考えてみると奥深いですね。
あの世行きの999号の車内で駅弁を食べるイメージでしょうか(笑)
Posted by まいるど at 2009年02月15日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113640903
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック