2005年10月21日

らーめん屋 上方段七

大阪駅の桜橋口から出てすぐ西に『梅三小路(うめさんこうじ)』っていうところが今年の9月22日にオープンした。
飲食店とかソフマップが入ってる。ソフマップはちょっと移転した形だ。

梅三小路のHP

ソフマップに立ち寄るついでに飯を食うことにする。
10数店舗の飲食店があるが、その中で『らーめん屋 上方段七』に行く。
この店は昔、「JR大阪駅北ビル2階、味の街」にあった店だ。その頃、気になっていたのだが、行く前に店が無くなってた。そしたらここにあった。一連の大阪駅改良工事によるものなんだろうか。

15時頃という中途半端な時間に店に入ったのだが、結構お客さんが入っていた。結構な人気店なんだろうか?
注文したのは「とんこつ塩ラーメン」と「ぎょうざ定食」。

ぎょうざ定食ってのはラーメンにプラスする物で餃子とチャーハンがついて+180円。
かなりお買い得な感じだ。
ってことで、しめて780円也。

この「ぎょうざ定食」、更にお買い得なことに、チャーハン大盛りが追加料金なしでできる。
このお買い得感もお客さんを呼び込む一因なのかもしれない。

お得と言えば、メンマキムチが食べ放題だ。

キムチを食べてるうちに、そんなに待たずにラーメンが出てきた。そこから時間をほとんど空けずに餃子とチャーハンが出てきた。

まずらーめんのスープ。濃すぎず薄すぎず美味い。
が、思ってたのとちょっと違う味。とんこつっぽさがあまり前面に出すぎず、煮干からとったようなスープの味。で、ちょっと香ばしい感じ。でも美味い。
結構このスープの感じ好きかも。

続いて麺。壁面に書かれた説明を読むと、『細・中・太の3種類の麺をミックスした「三層麺」』ってな事が書かれている。が、ぱっと見た感じではあまりよく分からなかった。
麺はストレート系の透明感のある中太麺。弾力もあっていい感じ。

何か、メンマ、キムチ、この麺の感じ、からすると『あらうま堂』とかに感じが似てる。同系列なんだろうか?

最近時々思うのだが、『ラーメン屋の系統図って言うか家系図みたいなの』を誰か作ってもらえないだろうか?
兄弟店とか同じ人のプロデュースとか同じ麺を使ってるとか…。

ラーメン家系図を本として発売されたら絶対売れると思うんだけどなぁ。(既に売ってたら教えてください)
posted by まいるど at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

和歌山ラーメン

和歌山ラーメン』。
とんこつ醤油味のラーメン。

どうやら本場和歌山では「ラーメン」ではなく「中華そば」と言うらしい。

本来なら和歌山まで行って食べたいところだが、手軽に北新地で食す。


紀州和歌山中華そば きのや』。


食べたのは、『自然流中華そば(650円)』と『海鮮マグロ丼(200円)』。
ちなみに「自然流」は「しぜんりゅう」ではなく「じねんりゅう」だそうだ。

まずこの「中華そば」。乗っているのはチャーシュー、蒲鉾、メンマ、ねぎとシンプルな感じ。

とんこつ醤油味のスープは濃すぎず薄すぎずといった感じだが、でもしっかりした味付けで美味しい。

麺は中くらいの太さのストレート麺。この麺にスープがしっかりと絡んでいていい感じ。

美味しかったぁ〜。本場和歌山にも行ってみたいなぁ。

本場ではこの和歌山ラーメン(=中華そば)、大きく分けて二つのタイプがあるらしい。

行ったら絶対食べ比べしないとね。

ところで、和歌山で醤油味のラーメンが主流になったのは、和歌山県の「湯浅」という所が醤油の発祥の地だからとか。知らなかったぁ。


続いて、一緒に食べた「海鮮マグロ丼」。
まぐろのづけ丼ってやつである。
この「づけ」、にんにくが多少入った感じがする。ご飯の上に載ったネタの部分は凄くおいしかった。

こんな風に書くと下のご飯がまずそうに聞こえるが、そうではない。ただ、「づけ」のタレが下のご飯には全くといっていいほど行き渡っていないのである。上が美味しいだけにちょっと残念。

次はタレがご飯にもしっかり行き渡ってるのを是非食べてみたいね。絶対美味しいはず。


そういえば、中華そばのトッピング、よくある「煮玉子」のほかに「生玉子」があった。
本場でもあるのかなぁ。それともお店のオリジナルなんだろうか。

今度行ったときは試してみようっと。








posted by まいるど at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

らーめん あらうま堂

朝昼兼用、いわゆるブランチ。

梅田でラーメンを食べる。合宿中に無性にラーメン食べたくなったら困るから食いだめ。

『あらうま堂 桜橋口店』に行く。
桜橋口ってのはJR大阪駅の桜橋口。中央郵便局とかソフマップに近い出口。

この店、3月頃に改装。ちょっと広く明るくなった感じ。

ラーメンは醤油も塩も味噌もある。

『あらうまらーめん』しょうゆ味 … 爽味
『たまゆらーめん』 塩味    … 深味
『ひしほらーめん』 みそ味   … 濃味
『焙々らーめん』  みそ味   … 芳味
『わんたん麺』   塩味
『玄湯らーめん』  胡麻切り

爽味・深味…のコメントはメニューに書いてある。
が、どれも比較的濃い目だと思う。スープはとんこつベース。

どれがいいか迷い、店員さんに『どれがおすすめ?』って聞いて『あらうまらーめん』にした。

…何と言う優柔不断。自分の食べるラーメンも決められないなんて。

これにチャーシュー大盛煮卵をつける。

チャーシューはモモ肉とバラ肉を選べる。ここでは、お察しの通りもちろん『バラ肉』。


あらうま堂.jpg

こだわりの麺は結構好きな感じ。コシっていうか歯ごたえがある。

スープはちょっと濃い目。
好き嫌いはありそうだが結構美味しいとは思う。お客さん並んでるときもあるし。

が、ちょっと濃いかなぁ。

キムチメンマが食べ放題なのは嬉しい。

今日は食べなかったが、今度行ったときには豚マヨ丼を是非食べてみたい。


posted by まいるど at 13:01| Comment(3) | TrackBack(2) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

老舗ラーメン 北新地 神虎

久しぶりに(って言っても十日ぶりくらいだが)北新地『神虎』のラーメンを食べる。

過去の記事に『替玉』の件を書いた店である。

前にコメントでちょっとだけ書いた時に『こってり系』と書いたのだが、お店に行ってみて間違えだと気がついた。基本形はこってりではなかった。全くのあっさりだ。よくよく考えてみると、僕が注文するときに『こってり』を頼んでいるだけだった。

そのスープだが、基本はとんこつのあっさり系。それをベースにこってり具合を4種類選べる。多分『背脂』の量でこってり具合を決めるんじゃないかな?

このとんこつスープかなり美味い。ってか好き。

ここで、僕はいつも『超コテ(一番こってりのもの)』を選ぶからこってりのイメージだったのだ。ここで『普通』とか『あっさり』を頼むとあっさり系のスープとなる。

これにニラキムチ、しょうが、高菜が入れ放題。好みの味で食べれる。

で、麺は『中細』と『極細』から選べる。更にゆで加減も4種類選べる。
ちなみにまいるどはいつも『極細』『超かた(=一番堅め)』。

この極細麺がすき。こいつをいつも替玉しちゃってたんだよね。今回は何とか我慢。

これに煮玉子をつけるとマジ美味。

また、食べたくなってきた。。。替玉しときゃよかったかな?
posted by まいるど at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

揚子江ラーメン

揚子江S.jpg

この前、会社で揚子江ラーメンの話題が出て、無性に食べたくなって食べに行ってきた。
(ちなみにこの前の『替玉』のラーメン屋さんは別のところ。)

行くの結構久しぶりだな。最近の飲む回数減ったからかな。

と言うのも、ここのラーメン、まいるどの位置づけでは、『飲んだ後の癒し系ラーメン』だから。

塩ラーメンで、麺は極細麺。器は間口が広くて深さのない白いシンプルな器。スープは鶏と豚からとった透明度の高いあっさりとしたもの。上には春菊と薄くスライスされたチャーシュー。お好みで『フライねぎ』を入れれる。

個人の好みの問題もあると思うが、見た目同様あっさりしていてすごく美味い。『これぞ塩ラーメンの王道』って感じ。

フライねぎは入れたほうが美味いと思う。これは赤たまねぎを揚げたものだとか。スプーン山盛り一杯が適量だそうで。…フライねぎの入れ物には『スプーン山盛りが適量です。それ以上は健康に良くありません。』としっかり書いてある。

飲んだ後に食うと美味いんだこれが。飲んでへばった身体にあっさり味が「す〜」っと染み込んでくる感じ。そんなあたりが癒し系

もちろん飲んだ後じゃなくても美味い。が、普通に食べるには少ないのである。この前書いた『替玉』のラーメン屋みたいに「2杯食べなきゃ」って感じるくらい(笑)

おやつとして食べるか、もしくは飲んだ後に食べるか。

あっ、それか餃子スタジアムに行った後に食べるのがいいかも。
posted by まいるど at 13:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

とあるラーメン店にて替玉。

この前、昼飯でラーメン食ったときのこと。

そこのラーメン屋では昼飯時には『ラーメンライス+後から替玉』と言うお決まりのコースでラーメンを食べる。

その日もいつもの通りラーメンを食べ替玉を注文。

が、替玉が来ない。もうちょっとだけ待ってみよう。

でも、まだ来ない。まぁ、昼飯時は混んでるし仕方ないだろう…。

まだ来ない。ちょっと聞いてみよう。
(ちなみに今書いてる文章のカテゴリは『むかつき日記』ではない。だから、怒ってるんじゃない)

まいるど『あの〜、さっき替玉頼んだんですが…。』

店員さん『す、すみません。すぐ用意いたします!!』
厨房の方からも『申し訳ありません』『申し訳ありません』と何人かの声がする。

ラーメン美味しいモードなので、別に怒らない。

これが、もし蕎麦屋の出前みたいに『今出ました。』とか言ったら頭くるかもしれないけどね。
でも、店内で食べてるんだから『今出ました。』はありえないか(笑)

で、待っていると替玉用にスープを残しておいた器を下げられてしまう。

『あ、あれ〜?』と思っていると、何と新しい器が来るではないか。きっと待ってる間にスープが冷めたということで店員さんが新しいものを下さったのだろう。

この新しいやつには、麺のほかにもチャーシューもねぎもしっかり入ってる。ってことはつまり、普通のラーメンがもう一個来たと言うことである。

ラーメン+替玉(+ライス)の料金で、何とラーメンを2杯食べれたのである。

ちょっと嬉しい。

が、昼間っからラーメン2杯も食べてしまった。って言うか、今までずっと食べてた『ラーメン+替玉』ってのは、ラーメン2杯分の麺を食べてたことになる訳だ。これで痩せたいって言うんだから笑ってしまう。やせるはずがない。

こりゃヤバい。替玉ライフを続けていたら、体重は大変なことになる。0.1トンの大台に乗ってしまいそうだ。

と、言うわけで、しばらくの間、まいるどは『替玉禁止』。

でも美味しいんだよなぁ、そこのラーメン。お店の紹介とラーメンのコメントはまた今度。
posted by まいるど at 02:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする