2009年02月04日

駅弁−大漁御膳

1月下旬に関東に出張した際に、帰りの新幹線新幹線の車内で買った駅弁。
普段なら東京駅でじっくり選んでから買って乗り込むのが楽しみの一つなのだが、今回は速攻新幹線に乗らねばならなかったので、とりあえず新幹線にのり、車内販売で弁当を買う。

ホントは駅で崎陽軒のシウマイ買いたかったんだけどね。

ところで、もしかして、駅で買ってないからこれは駅弁ではないのか?でもまぁ、おんなじヤツが駅でも売られてた気もするし、駅弁といってもいいか。

大漁御膳1.jpg
今回買ったのは、『大漁御膳』。
ジェイアール東海パッセンジャーズ製。1100円。

大漁御膳2.jpg

炊き込みご飯の上に錦糸卵が敷いてあり、その上に鰤の照り焼き、いかの照り焼き、ホタテ、えび、カニの身をほぐしたヤツ、いくら、しじみ、豆(枝豆?)とかが載ってる。

量自体はそんなに多くはないが種類が多い。何とも贅沢な具の面々。

好きな具を最初に食べたいと思う反面、好きなものを最後まで残しておきたい気もする。まいるどの場合、駅弁の時はどちらかと言うと好きなものは最後まで残す傾向が強い。今回もそう。

さてここで問題です。今回まいるどが最後まで残した具はどれでしょう?(紅しょうがは除く)

チッチッチッチッチッチッ…ブーッ時計

正解は『しじみ』でしたぁ。結構意外でしょ?最近「しじみ汁」がちょっとしたマイブームでして。カニ好きイカ好きまいるどは、普段ならその辺を残したと思うのですが。

どの具も美味い。照り焼き系も濃すぎず薄すぎずのいい感じ。カニやえびも美味い。もちろん炊き込みご飯も美味。最後の一口まで飽きない。
でも、しじみのしぐれ煮はやっぱり美味かった。

ところで、よく店とかで出てくる「しじみ汁」って貝殻がついてるのには意味があるのかなぁ?しぐれ煮みたいに貝殻がついてない方が食べやすいんだけどなぁ。まさか見栄えだけではないとは思いたいが。。。

まぁ、最初は貝が閉じてるんだというのは分かるが、出来れば、火を通して開いた後に、一旦ざるか何かに上げてもらって剥き身にしてから汁にしていただくとありがたいのですが。もちろん、ダシの出たゆで汁はそのまま汁に使うとして。

この、「もやしのひげを1本1本取るような」地道な作業をすると、まいるどはきっと「しじみ汁」がもっと好きになります。お願いします。<誰に?
貝殻がついてると食べる時に途中で『キーッ!!ちっ(怒った顔)』ってなります。っていうか、上品に身を食べる事ができません。もしかして実を食べないのが上品だとか???

そんな「しじみ」ブームのまいるどですが、寿司ネタではあまり貝類を頼みません。食べれない訳でもなく嫌いでもないのですが。なんとなく魚系か甲殻類に手がいっちゃう。あっ、寿司の玉子も好き。関係ないか。

しじみを食べに宍道湖とか青森の十三湖に行きたいなぁ。

シウマイは食えなかったけど美味しかったので大満足わーい(嬉しい顔)


posted by まいるど at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

さばずし

焼きかにめし、書き終えた瞬間に日が変わった。

と、いうことで昨日予告のもう一つの弁当を紹介。

さばずし1.jpg
同じく福井駅の『鯖街道さばずし

さばずしと言えば、大分空港で買ったやつも美味かったなぁ→これ

でも、この福井のさばずしも楽しみ。早速箱を開けると…

さばずし2.jpg
まだ中身は見えない…。

で、この包みも開けると…

さばずし3.jpg
ようやく中身が見えた。でもラップにくるまれてる。

これも開けて、横から見るとこんな感じ。

さばずし4.jpg
断面図。

サンダーバードの中での撮影のため、案外ブレたりして時間がかかる。この間約10分。
10分の「おあずけ」の後、やっと食すことができた。

『焼きかにめし』に続いて、これまた美味い。

焼きかにめし、さばずし、と福井の駅弁めちゃウマ。

他にも、「越前かにめし」とか「鯛寿し」とかもあったりするらしい。
これも食べたいなぁ。





posted by まいるど at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

11月第4土曜日

11月の第4土曜日は『松葉ガニの日』だそうで。
鳥取県で、2000年に制定されたらしい。

11月第4土曜日というと、今年は今日、11月22日。もう日変わるけど。

カニ食べたいなぁ。。。焼きガニが食べたいなぁ。

ということで、まいるどがちょっと前から何回か立て続けに食べてる駅弁を紹介。

かにめし1.jpg
福井駅の『焼きかにめし』!!

袋から出すと…

かにめし2.jpg
カニを模った器。

で、ふたを開けると…

かにめし3.jpg
ジャジャーン!!

カニめちゃうま。

ご飯も何かで炊き込んで味がついてて美味しい。かにのエキスが入っているのかな?

焼きガニってのがポイント高いね。

最近のまいるどのお気に入り駅弁の一つ。ここ数ヶ月の間で何回か食べたよ。
でも、この駅弁、ちょっと小ぶり。まいるどにはちょっと足りない。だから、1枚目の写真の写真の右下には別の弁当も…。

気になるこの弁当は…、また、明日か明後日にでも(笑)

⇒書き加え。この焼きかにめし、正式名称は『香ばしい焼きかにめし』でした。ちなみに「番匠本店」が販売しており1250円です。


posted by まいるど at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

駅弁−あっちっち「すきやき御飯」

昨日4日は、乗り放題切符でのお出かけを画策していたが、昼間に用事が入ってしまったため出かけられず。
せっかく切符まで買ったが来週に持ち越し。

まぁ、弁当的なことを考えたら、来週になって都合が良かったんだけどね。

4日は夜は、合唱団の大先輩と梅田で飲む。結構いろんな話をしていたらあっという間に時間が過ぎた。

で、今日5日。

知人の結婚式で姫路のちょっと先まで。
帰りに姫路によって弁当買おうと思ったがすっかり忘れた。

仕方が無いので、帰りに梅田で買い物をしたついでに駅弁を買った。
家で食べる分。

すきやき御飯1.jpg
あっちっち「すきやき御飯」

神戸ワイン弁当とかの「淡路屋」さんのやつだ。

すきやき御飯2.jpg
この「あっちっち」マークはスチームであったかくなるヤツを示すマーク。

すきやき御飯3.jpg
このひもをひっぱるとスチームが出て温かくなる。結構勢いよく引っ張らなくてはならない。

で、待つ事約6分。

すきやき御飯4.jpg
これが中身。

しっかり温かい。

弁当はかなりデカいのだが、スチームのせいでかなり上げ底。量はけっこう少なめ。
でも、見ての通りご飯にしっかりと味がついていてかなり美味しい。

駅弁ってのは冷たくても美味しいんだけど、温かいのはやっぱり美味しいね。特にこれからのお出かけには温かいのは嬉しいかも。

でも、やっぱり量は大事。








posted by まいるど at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

今日の駅弁

今日は出張。

モブログで書いたように朝から駅弁。

新大阪で購入し、新幹線の中で早速食す。

秋味満載1.jpg
『季節限定 秋味満載』1,100円

秋味満載2.jpg
中身はこんなん。

写真の左側はご飯に鮭フレークといくら。
鮭の親子丼だ。

右側は栗おこわ。

おかずは…卵焼き、秋刀魚の蒲焼、サツマイモのレモン煮、さつま揚げ、鶏の味噌漬け。
他にもナスとか椎茸とかエリンギとか蒟蒻とか。

どれも1個1個味がしっかりして美味しかった。

昼も東京で駅弁食べようと思ったけど、仕事が長引いて買えなかった。

明日の帰りの新幹線も駅弁食べたいなぁ。でも、上司と一緒だから難しいかな?車中で飲む事になるのかな?

ちなみにまいるどは乗り物の中でお酒を飲むのがあまり好きではない。それが新幹線であれ飛行機であれ。
国際線とかではビールとかワインとかをタダで飲めるが、それでもまいるどはコーヒーとかジュースとか。

車内や機内で飲むと何かしんどくなるんだよね。何でだろう?



posted by まいるど at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

駅弁−新横浜

今日は関東へ出張。

夕方、神奈川で終了。JRで新横浜まで行って新幹線新幹線で帰るのだけれど、時間も時間、腹減った。ってことで、弁当を買って乗り込むことに。

途中で『鯛めし』買って行くのも考えたけど、今日は何か崎陽軒な気分。
鯛めしは昔書いたヤツ(→これ)
まいるどはこの「鯛めし」がかなり好きるんるん

崎陽軒といえば『シウマイ』。一般的には「シュウマイ」とか「シューマイ」とかだけど、崎陽軒といえば、『シウマイ』。

ちなみに長崎の方で売っている「シュウマイ」の弁当は『シャオマイ』と言う。漢字で書くと『焼麦』だそう。これは、中央軒というところで作られている。
駅弁の世界では、「西の崎陽軒』、東の中央軒』」としてかなり有名らしい。

長崎のヤツはまだ食べた事ない。『シャオマイ』はマンガで知った。
マンガはやっぱりためになるねぇ。
とは言っても、麻生さんはマンガで政局運営を勉強するような事はしてないよねぇ…さすがに。

だいぶ脱線ふらふら

で、今日買ったのは崎陽軒のシウマイ
弁当になったもの(他のおかずやご飯が入ったもの)と『昔ながらのシウマイ』と『特製シウマイ』とあったが、今日買ったのは「特製シウマイ」。
「昔ながらのシウマイ」と「特製シウマイ」の違いはまず大きさ。
1個あたりの大きさは約1.5倍。干帆立貝柱がより多く入っているらしい。6個入りで680円
ちょっと贅沢るんるん

シウマイ1.jpg
これが、特製シウマイ。

が、これだけでは足りない。ご飯は絶対必要。

と言う事で、弁当屋さんを見ていると、なにやら目を引くパッケージが。

ちょっと長いが、
『ワールドグルメフェスティバル 第1回ハイカラ弁当コンテスト グランプリ受賞 横浜新名物 牛めし

牛めし1.jpg

どんなコンテストかは良く分からないけどとりあえずグランプリを受賞してるらしい。
これは買いでしょ。

980円なり。牛めしに980円は少々高い気がするが、いまさら引けない。
これに150円のお茶を買って、今宵の夕食は、
680+980+150=1810円exclamation×2

やっちまったぁ。贅沢しすぎだあせあせ(飛び散る汗)

まぁいいか(笑)

弁当も買い終えて早々に新幹線ホームに。
待つ事約10分。この間、弁当見ながら半笑いだったんだろうなぁ、きっと。。。あせあせ(飛び散る汗)

着席して、早速弁当。
まずは『シウマイ』から。

シウマイ2.jpg
表装を一枚めくる。

何か立派な感じ。さすがは特製。
で、ふたを開ける。

ふたを開けた図を写真に収める予定だったが、ここでアクシデントふらふら
食い気が猛烈に先行ダッシュ(走り出すさま) 醤油を皿に入れて、カラシを各シウマイに乗せてしまった。カラシを一通りつけ終えた時点で写真のことを思い出す。
仕方が無いので、これを写真にバッド(下向き矢印)

シウマイ3.jpg
カラシまで載せちゃった図がく〜(落胆した顔)

で、食す。んまいexclamation×2

冷めてもこれだけ美味いってのはホントに素晴らしいと思う。やはり駅弁は世界に誇れる日本の一大文化だね。

あっちゅう間に6個無くなる。
続いて、「グランプリ」の牛めし

牛めし2.jpg

これまた美味そう。既にシウマイ食ってるので、今回は食い気をコントロールできて写真を撮れた。右に見える卵はゆで卵ではなく…

牛めし3.jpg
半熟卵。

混ぜながら食べる。隣の人の目線を気にしながら。どうやら、隣人は弁当買いそびれたみたいだ。かわいそうに。。。

でも、気にすることなく完食。

これまた美味い。

やっぱり駅弁は最高だね黒ハート

明日も出張。明日の弁当は○○○○○

















posted by まいるど at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

大分空港で買ったお弁当

8月25日に大分に出張して、日帰りの予定だったが仕事を全部を消化できず泊まることに。
で、翌26日仕事を終えて苦手なホーバーに30分乗ってから、飛行機で大阪に帰る。その時に大分空港でお弁当を買った。家に帰って自分で食べる用に。

ここ数年、高速のSAで売ってる『速弁』と共にブームになってる空港で売ってる『空弁』。
空港で売ってる弁当は全部「空弁」かと思いきや、「空弁」にはおおまかな定義があるらしい。

1、コンパクトであること。=国内線の普通の席のテーブルに乗るよう通常の弁当よりも大きさが小さめになっている。
2、においが抑えられている=密閉された飛行機の中でにおいが充満して他のお客さんの迷惑にならない。
3、少量=シートベルトサインが消えている時間の中で食べ終えることができる。

だそうだ。

今回まいるどが買ったのは、「関あじ棒すし(小)」と「さばの棒寿司(小)」。
さば寿司の方は、関さばではないらしい。お店の人によると、関さばの寿司はあまり入ってこないみたい。

今回買った関あじの棒寿司は、さすがはブランド魚の「関あじ」、さばの棒寿司よりも値段が倍くらいする。

この日は、神戸フロイデでの合唱の練習があったので、練習に行ってから家に帰って早速食してみた。

まずは「さば」の方から。酢の具合がいい感じで、さばと酢飯の間にごまがふられていてとても美味しい。いい感じだ。これが関さばだったら、もっと旨いんだろうか。
続いて、「関あじ」。基本的な作り方は「さば」と同じだが、あじはすごく肉厚。かつ、身がすごく締まっている感じの食感。さすがは、関あじだ。メチャ美味い。

まいるどはアジのほうが好きだな。

で、これらは、結局のところ、空弁なのであろうか?コンパクトだし、シートベルトサインが消えている間で充分食べれる。においもそんなに放出してないと思われる。空弁の起源とされる「みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司」と同程度のにおいの放出量だと思うし。っていうか、これ以上においレスだとどうかとも思うし。

が、空弁ってどこかに書いてたかなぁ…。どこにも書いてなかったような気がするんだけど。空弁か否かって誰かが認定するのかな?
まいるど的には、これらは立派な『空弁』!!!

でも、今度また大分行った時にちゃんと「空弁」かどうか見てみよう。


posted by まいるど at 01:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

鯛めし

3月末に書いた小田原の「鯛めし」。

いっつも買う瞬間までは『今日こそ写真撮らなきゃ』って思うのだが、新幹線乗って食べ始めてから『あぁ〜!』と気付く。

で、今回やっと撮れました。

鯛めし1.jpg

鯛めし外観。710円也。


鯛めし2.jpg

これがその「鯛めし」の中身。

この白い部分がご飯の上に「鯛おぼろ」が乗っているところ。これがほんのり甘くて美味いんだ。


posted by まいるど at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

ソースかつ棒

福井の名物のひとつ、『ソースかつ丼』。
普段食べてる卵とじのカツ丼ももちろん美味いが、このソースかつ丼もかなり美味い。ご飯にしみる特製ソースが何ともいえず美味い。

「これを何とか駅弁にできないものか?」と弁当屋さんが一生懸命考えた。
(と思う。)

それでできたのが『ソースかつ棒』。
840円也。

ソースかつ丼とは明らかに違う。が、美味しいと感じる部分は一緒。

まず何が違うかといえば、このソースかつ棒は丼状の食べ物ではない。
このソースかつ棒は、言わば「ライスコロッケ」なのである。

特製ソースをたっぷり染み込ませたご飯を大葉でくるんで、更にその外側を薄切りの豚肉で巻いている。それをコロッケみたく揚げた物。外側にももちろんソースがかけられている。

あの、ソースがご飯にしみたソースかつ丼と同じ味だぁ。
すんげ〜美味い。
このソースの染み具合がたまらん。

ちなみに、マヨネーズもついてる。これをかけても美味い。が、かけなくても美味い。

コテコテ好きの大阪人には凄く合うと思うよ、ほんとに。

福井に行った際は是非お試しあれ。ほんとに美味いから。


posted by まいるど at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

今日の弁当

今日は埼玉と神奈川に行ってきたのだが、行きの新幹線新幹線の車内で『新大阪駅で551の豚まんを買わなかった事』をずっと後悔したまま午前中を過ごした。

…が、よくよく考えてみると、551のお店はそんなに早くから開いてるはずもないし、買おうと思っても結局買えなかったのかぁ。それじゃあ仕方ない。

で、埼玉での用事を済ませ、熊谷から東京に向けて、新幹線に乗る。熊谷〜東京間の距離からすると、わざわざ新幹線に乗る距離でもない気もするが、乗ったのには訳がある。

車内販売の『だるま弁当』が食べたかったから。

この弁当、駅弁としては群馬の高崎駅で売っているのだが、高崎まで行かなくても、上越・長野新幹線の車内でも買えるのである。

この『だるま弁当』、昭和35年発売開始と歴史は古い。
何故『だるま』かと言うと高崎では毎年一月に『だるま市』が開かれ、『だるま』で有名なところだから。

中身は釜飯のような感じ。具にしっかりと味がしみていて美味。中でも子ナスの漬物と椎茸が好き。
だるま』の形をしたプラスチック製の容器に入っていて、その容器は持ち帰って貯金箱として使える。
(『だるま』の口の辺りにコインを入れれる切れ込みがある。が、まいるどは今まで何回も食べているが、かつて一度も持ち帰っていないし、貯金箱としても使ったことがない。と言うのも、大阪まで持ち帰るのはかさばって大変だから。でも、今度、一度は持って帰ってみようかな。)

値段は900円也。値段の分の価値はきっとある。

で、『だるま弁当』も無事食べ終わって、神奈川での用事も終え、新幹線で大阪に帰るために小田原駅へ。

ここで、本日2つ目の弁当。(一応言っておくと、昼間に弁当2個食べたわけではない。『だるま弁当』は昼飯として12時過ぎくらいに食べて、小田原駅の弁当は6時過ぎに夕食として食べたのである。だから決して食べすぎではない。むしろ、普段『豚まん4つ食べたりしてる(笑)』ことから考えると、一食あたり小ぶりな弁当一個で済ませていることは賞賛に値する、と自身では思ってる。)

で、小田原駅で食べたのは、これまたいつも食べてる『鯛めし』。

弁当の中身の7〜8割くらいをご飯が占めていてその上に『鯛おぼろ』が乗っている。これが、ほんのり甘くて美味しい。アクセントとしてわさび漬けが入っているのもGood。
詳しくは分からないが、東海道線の小田原とか熱海のあたりで売っている。
1個710円也。

この『鯛めし』、帰りの新幹線の車内で食べようと思っていたのだが、待合室で『こだま』を待ってる間に我慢できずに食べてしまった…。

どちらも写真と撮ろうと思っていたのだが、ふたを開けた瞬間にそんなことは一切忘れてあっという間に食べてしまったがく〜(落胆した顔)
まぁ、それくらいどちらも美味いって事かな。

念のために言っておくと、今日の関東遠征、あくまでも弁当が目的ではなく、仕事で行ってたのである。
posted by まいるど at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする